園の紹介

保育方針

どんぐりこども園

当園は,幼児期における教育・保育を,生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なものであると位置付け、子どもが現在を最も良く生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を養うため、「遊びの中で学ぶ」を基本に、子どもの現在のありのままを受け止め、その心の安定を図りながらきめ細かく対応していくとともに、一人一人の子どもの可能性や育つ力を認め、尊重する。

園の目標

どんぐりこども園

子ども達の未来で、
幸せに人生を歩める力と心を共に育む

 
子ども達について
子どものあるがままを受け止め、認めることを基本とし、遊びの中で「知的好奇心」と「共感力」を育む努力をします。

保護者について
共に育てることを大切にし、卒園後も気軽に相談できる関係を目指します。

地域、社会について
地域のと関わりを積極的に持つ努力をし、気軽に相談でき、遊びに来られる場所を目指します。

園の特色

どんぐりこども園

とにかく外遊び
耳を澄ませば、小鳥のさえずりや虫の声、牛舎から牛の鳴き声が聞こえてくるとても静かな場所に園があります。

園庭は屋上園庭、乳児砂場、第2園庭があります。広さはありませんが、雨が降っていなければとにかく外に出て遊びます。

園外も大通りから外れていることもあり静かで民家と畑に囲まれ、少し足をのばすと緑地や公園もあり遊び場や散歩コースが多くあります。

異年齢児活動と年齢別活動
当園の特徴のひとつである異年齢児保育。大きい子は、小さい子に思いやりを持ち、小さい子は大きい子を○○くんみたいになりたいと目標にするなどすばらしい点がたくさんあります。
しかし、異年齢でずっとすごしていると問題点も出てきます。例えば一つの活動をしたとき、その内容を大きい子に合わせれば小さい子がついてこられず、小さい子に合わせれば大きい子は退屈になりがちです。

当園も、異年齢児活動が基本ですが習字やリトミックなどを学年ごとに行ったり、特に年長児はダイナミックな遊びができるよう、お昼寝の時間などを利用して年齢別活動を積極的に取り入れています。

園長の想い

どんぐりこども園

旧校舎

当園のスタートは託児所です。私が高校生の頃、母(現理事長)が急に自宅を託児所にしたのです(特に大きな家でもないのに・・・そしてなぜ託児所・・・)。晩ご飯などを一緒に食べ、泊まる子もたまにいたりして、家庭的という言葉がぴったりの環境でした。「どんぐり」という名前も、そこらにコロコロと転がってそうな、飾らない素朴な感じで親しみやすいイメージから付けたそうです。 時は流れ、保護者をはじめ、園を取り巻く様々な方々の協力と理解があって園児2人から始めた託児所も今では定員74名のこども園になることができました。しかし、託児所の頃から比べると園児数も職員数も建物を含めた環境も大きく変わったことで「家庭的」「親しみやすい」といったイメージから離れていくさみしさも感じます。現時点での想いとしては創設期から大切にしてきたものを忘れずに関わる皆様にとって「居心地の良い場所」「もう一つの家」になれるような園を目指し、仕事を超えた関わり合いを持ち続けていきたいです。


pagetop